スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

缶コーヒーがまずいわけ

積年の疑問が氷解した。缶コーヒーがまずいわけ。

入れたてのコーヒーを出先でも飲みたい

熱いコーヒーと金属が触れるとコーヒーの味が変わる。そういうわけか。初めて知った。


何でわかったかというと、早朝バイクでマックやコンビニでよくコーヒーを飲むのだが、それなら家で作ってポットに入れて持参すればいいと思ってやってみたら、そのコーヒーのまずいことまずいこと、まったく味が変わっていた。それで実感したわけだ。

ステンレスポットに入れてみて初めてわかった

これだけ技術が進歩しているのに、なぜ缶コーヒーがあれほどまずいのか、昔から疑問に思っていた。宣伝では思いっきり自慢しているが、入れたての味にはほど遠い。

メーカーは死ぬほど努力をしているだろうが大きな進歩がない。これはコーヒーと金属の宿命なのね。熱いコーヒーが金属と触れると、何等かの化学反応が起きてまずくなる。

バイク雑誌などで、出先で携帯コンロでコーヒーを沸かして飲む記事がよく掲載されるけど、そんな面倒なことしないで家で作ってポットに入れて持参すればいいのに、と思っていたが、そうはいかないわけだ。よくわかった。

出先で携帯コンロでコーヒーを沸かすという気持ちもわからないではないが、マックやコンビニがないところにはまず行かないし、私としてはまずやらないだろうな、荷物になるし面倒だし、マックの百円で十分だし。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

確かに、缶コーヒーは不味い。私もブラックしか飲まないが不思議だった。CMの影響のせいか、美味しいはずだと思い込んでたが、そういうことか。缶コーヒーの真実(本当は不味い)に気づいてる日本人は案外少ないかもね。

コメントいつもありがとう

缶コーヒーをまずい、と正面切って言うひとって少ないよね。派手な宣伝があるから、言いづらいのかな。メーカーは必至に努力していると思うが、残念ながら結果が出ていない。インスタントコーヒーがまずいのにも、もしかしたらワケがあるのかもしれないが、それはわかりませんね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。