スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円シェービングジェル

100円ショップのシェービングジェルっていいよね。

100円のジェルはいいよ

近所のローソン100で買っている。これで十分、とてもいい。


毎日の髭剃りは電気シェーバーではなく剃刀を使っている。そのほうがサッパリするから。

村上春樹の小説に髭剃りのシーンがよく出てくる。熱々のタオルで髭を温めてシェービングフォームをつけて髭剃りで剃る。ハルキの美意識とこだわり。

私は髭が半端に薄いから電気シェーバーだと剃り切れない。だから剃刀。

以前はシェービングフォームを使っていたのだが、ある時ふと 100円ショップでこのジェルが目について使ってみたら、これでぜんぜん十分じゃん、となって以来愛用。

剃刀も100円ショップもの。よく使っているのがこれ。

カミソリも100円のがとてもいい

ちゃんとしたメーカー品だし、よく剃れて安くて長持ち。大昔の安物の安全カミソリは怖かったよねー、よく切れて、皮膚がだよ、あごを血だらけにしたもんだ。それに比べれば品質は格段に良くなっている。

これ以外では、さすがにシャンプーは安物を使って万が一ハゲたら困るという理由でスーパーで売っている銘柄品を使用している。もし 100円ものでもハゲない保証があれば是非使いたいけど、いくら良心的なメーカーだって保証はできないよね、さすがに。

なので100円ショップ製品は髭剃り系まで。シャンプーはスーパーで買う。

関連記事

コメント

非公開コメント

電気シェーバー

電気シェーバーで鼻の下のひげを剃ると、剃ったひげの約20%は呼吸によって鼻から吸い込まれて、気管支を通って肺に向かう。
そして長期間の内には徐々にひげ肺となり肺機能が低下する。
気管支炎、肺炎、肺気腫または肺癌などの病気になるかどうかは定かでない。
カミソリが主流であった時代には、このような健康問題はなかった。
剃ったひげの吸い込み防止対策は、次の4種類のいずれか。
(1)剃らないで吸気して、鼻から排気しながら剃る。これを繰り返す。
(2)呼吸を止めてひげを剃る。
(3)泡の立つ、シェービングクリームまたは石鹸を使う。
(4)カミソリを使う。
(5)技術力のあるメーカーが超小型サイクロン集塵機を内蔵した健康シェーバーを開発・販売することを期待する。

コメントありがとうございます

電気シェーバー使わなくて正解ですね。ご解説ありがとうございます。

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。