スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年点検でドック入り

バイクを買って1年が過ぎた。昨年の秋から冬にかけてはほぼ毎週末を乗り、その間、リアリンクを始め手のかかるメンテ作業も楽しんだ。だが年明け後は寒さとバタバタしている間に乗る機会を逸してしまった。せっかく最強の防寒対策、グリップヒーターを付けたのに。

結局1年間で走行6300キロ。傷みはない。傷むほど乗っていない。慌てず楽しめばいい。腐るものでもないし。

販売店で1年点検をしてもらった

販売店とのつきあいも大切。買ってちょうど1年。区切りのいい所でドック入り。1年点検を依頼した。

自分でできる日常メンテナンスは自分で行っている。

1.オイル交換とオイルフィルター交換
2.ステップやスタンドなど可動部のグリスアップ
3.チェーンの注油
などなど。

自分でメンテしたところはプロの確認がほしい。メカニックに言って確認してもらう。

1.前後ホィールの取付け関連
2.リアリンク周りの締めの確認

特にリアリンクのメンテ時にチェーン調整プレート(↓の写真に渦巻形のもの)が左右で微妙にズレていたのが気になったので調整してもらった。

左右で微妙にズレてしまった調整プレート

プロに見てもらうと安心して乗ることができる。お店のメカニックとメンテまわりの話をするのがとても楽しい。いろいろと教えてもらって、自分でできる範囲を広げていきたい、もちろん安全が担保できる範囲で。

メンテもバイクの楽しみの1つだと思っているし、仕組みを理解することも安全運転につながる。

点検も終わって気候もよくなり、絶好のバイクシーズンを迎える。あとは乗るのみ。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。