スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬と箱根に遊ぶ(その1)

箱根に行ってきた。妻と犬と。宿は宮城野。強羅の隣。

某リゾート施設の体験宿泊を利用させてもらった。夫婦と犬1匹で金曜泊1泊2日2食付き温泉付きで8000円というもの。妻がネットで見つけてきた。

おいしい空気とおいしいお酒があれば十分

先の河津桜のときの宿は、実は犬NGで宿には内緒で連れていった。離れだから目立たないだろうって。申し訳ありませんでした、宿のご主人様。

今回は犬堂々OK。体験宿泊で安い分、制約条件はただ1つ。施設に関する営業マンの説明を聞き、翌朝入会するしないの意志を示さないといけない。もちろんその意志は強制されるものではない。

施設は犬OKをウリにしている施設だから、さすがに犬対応はよくできている。

室内は匂いが付きにくい床材を使用している。滑りやすいのが難だが。

オシッコやウンコをしても汚れない床材

部屋の中にこんなものも付いている。

ゲージのそばにリード掛けが付いている

専用のドッグランもある。ウッドチップが巻かれている。

ウッドチップをしいた専用のドックランもある
施設は申し分ないのだが、犬にとっては住み慣れた我が家とは違う環境に置かれるわけで、不安やストレスは増すようだ。食事も温泉も待遇も、人間にとっては何1つ問題ないが、環境変化を理解できない犬にとって、見知らぬ環境で過ごすのは不安だろう。

最初はふかふか布団で寝ていたが

犬君、最初は疲れて布団で寝ていたが、夜は人間の寝ているベットの上から一時も離れなかった。寝ているうちに置きざりにされる恐怖心がどこかにあるのだと思う。

ところで、箱根に宿泊するのは40年ふり。子供の頃、地元区役所の保養所に泊まって以来だ。箱根は近くて便利だがハードルが高い。そのイメージが強いので、なぜか足が向かなかった。

気候も緩み、これから観光シーズンを迎える。近くて便利な箱根がどのような状況だったか報告しよう。箱根に旅行を考えている方、ご参考にしていただきたい。

(次回に続く)

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。