スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナナコのキャンペーン

セブンイレブンでナナコのキャンペーンが始まった。対象はスイーツ商品。

今度は10ポイントキャンペーンが始まった

これは一部のセブンイレブンで行われている。例えばウチの近所のセブンイレブン。都心のオフィス街にある会社近くのセブンイレブンでは行われていない。

これはなぜか。考えた。あくまで私見ね。

ウチの近所の地下鉄の駅の出口付近にセブンイレブンが3店ある。地下鉄の出口が4つしかないのに、そのうち3つの出口の付近にある。

セブンイレブン密集地帯

高い収益率を誇るセブンイレブンは、通常は綿密な調査を行って儲からない立地条件下には出店しない。しかしなぜかこの地には過当競争を招く密集出店が行われている。

たぶんフランチャイズとか直営とかのカラミだと思うが真相はわからない。この地は購買力が高いから、ということでは断じてない。それは確か。

密集しているので利益の食い合いが行われる。ただでさえ購買力が低い地域なのに。当然各店は売上競争に走る。

ナナコのボーナスポイントの設定は、各店の売上増加対策として行われる、これが私の推測。期待する売上や利益が出る店ではこのキャンペーンは行われない。会社近くの売れまくりのセブンイレブンでは必要ない。

お店の裁量で行われるということは、おそらくポイント分の損金はお店負担。利益を犠牲にしてでも売上を増やす、あるいは返品を減らす、ということだ。

10ポイントはお店の持ち出しと推測しているが

あくまで私の推測だからね。

ところで、売れ残って返品になり全損扱いになるよりは、お店のためにいいだろうという言い訳でスイーツを買って食べているが、そんな屁理屈はこの際やめて、禁スイーツすべきだよな、そろそろ。

禁酒のせいで甘いもの好きになり、デブになって不健康になるのは、どう考えても危険だ。禁酒が出来て禁スイーツができないワケがない。決めた。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。